2012年07月04日

Paula Chen

6月30日に大船渡で主催したサマーフェスティバールに約350名が参加されました。
最高の天気に最高のスタッフとボランティアの皆さん、最高の食事、最高のコーナー、最高の喜びに最愛の大船渡の皆さんに届けました。

350名のうち、50名の方はは3.11いわて教会ネットワークのスタッフ及び各地からのボランティアです。盛岡聖書バプテスト教会、盛岡みなみ教会、北上聖書バプテスト教会、シオン錦秋湖キャンプ、3.11宮古班のスタッフ、大船渡の現地スタッフ、CCMNのスタッフ、かベナンと教団ボランティアチーム、バード家族、短い準備の期間に、50名人が一つになれて、大船渡に喜びと元気を運べたのは、一人一人のスタッフとボランティアの方々のこころに神さまと人に対する大きな愛があったからです。***続きを読む read more***
posted by IBF at 22:00| 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

花粉症 〜Paula Chen

大船渡便り〜 恵みにより

4月に入って、目から鼻、耳までかゆくなってたまらない、朝を迎えるのは止まらないくしゃみです。“来た〜”、春の強敵、「花粉症」と苦闘する日々はまたはじまった。例年より、強い反応しているのもあって、大船渡での働きに差し支えのないため、同じ花粉症仲間のO先生に紹介してもらって、地元で評判のいい耳鼻科に通い、杉の花粉に高いアレルギー反応の体質であることが分かり、おまけに普段活動している大船渡市は岩手沿岸では、杉の木が一番多く植えている町、いつも通っている赤崎地区の仮設住宅はもれなくどっちも杉に囲まれている。“参ったな〜”と思いながら、これからの一ヶ月はマジで「いのちかけ」の支援になるか。2時間半の山道にボートしてしまった運転の危険、マスクで仮面の女に変身しなければならぬ、呼吸困難、微熱の体力消耗、眠れない夜の重ねなどなどのなか、支援活動やボランティアコーディネートをこなしていくのは大きなチャレンジだった。“もう無理”と叫んだときは何度もあったでしょう! **続きを読む**

Letter from Ofunato By His Grace

From April, I have unbearable itchy nose, furthermore, ear to eye, and getting up every morning with non stop sneezing.
The season come again!!! I have to fight with powerful enemy, hay fever, in spring season every day. I have stronger allergic reaction than last year. I go to the otolaryngology of good name in the local area in order to prevent interfering with my work in Ofunato. O sensei who has the same symptoms with me recommended to me to go there. In the hospital, I was found that my allergic reaction to cedar pollen is too high. To make matter worse, there are more cedar trees planted in ofunato than any other coastal area in Iwate. Akasaki temporary housing district, where I go often, surrounded by cedar. "I wonder if I could carry out the work at the risk of strong allergic reaction form now one month"

Danger of driving I wandered about aimlessly on mountain trail two and a half hours, being a woman masked of masquerade, breathing difficulty, exhausted with slight fever, piling up sleepless nights, and management of support activities and coordination of volunteers were big challenges. How many times I cried out? ”I'm through!"***read more***
posted by IBF at 00:00| Comment(0) | 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

新緑 〜永田道生

被災地までの約二時間の道のり。若葉のつややかな緑色に色づいた山間の道を進みつつ、区界トンネルを抜ければ、そこには、神様からのプレゼントのような新緑という名の包み紙に覆われた自然のパノラマが目に飛び込んでくる。 

思春期を常夏の島で過ごしたせいか、鮮明な季節の変化が、岩手に来てからの歩み一つひとつをより一層印象深いものへと変えてくれた。 ***続きを読む***

Journey about two hours until the disaster area. Take the road in the mountains while driving in the colored shiny green of young leaves, when you get through the Kukai tunnel, there is panorama of nature covered with wrapping paper whose name is Verdure like a gift from God, jumping into your eyes.Because of spending the tropical island at the age of my adolescence, vivid seasonal changes in Iwate gave me more deep impression to my each step which I take.


写真
*先日大船渡、宮古、小本の三カ所で行われた工藤篤子さんのコンサートでの一コマ。
576428_10150784987202470_1927861991_n.jpg

Photo
* One scene of a concert of Mr. Atsuko Kudo was held in three locations ,Ofunato, Miyako, Omoto the other day.      ***read more***
posted by IBF at 00:26| Comment(0) | 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

Aftermathからもたらされるもの・・・ 〜永田道生

最近、再び始めた社交ダンスをしに、毎週宮古まで行くのが楽しみでしょうがない!とお話しして下さったのは、田老の町に嫁いで50年以上になるSさんだった。

「若いころは難なく覚えられたステップも、今では先生のリードがあってやっとね。でもこれが最近、唯一の楽しみなのよね」

近況を屈託のない様子で語りながらも、話に一息ついた時、ふと、もの寂しげな表情を浮かべ、呟くようにぼそっと溢した一言は「やっぱり一人じゃ辛いのよね・・・」 ***続きを読む***

*写真は今週の田老での晩ご飯

Things which were brought from the aftermath.
S-san, who came to town in Taro for marriage and has lived there more than 50 years, said, My pleasure is to go to Miyako every week to do ballroom dancing which she started to learn again recently. When I was young I remembered the steps of dancing without any difficulties, but now I can hardly do it except leading by my teacher. So it is my most favorite thing lately.
She is speaking about her daily life joyfully, but when she took a breath to talk, her face turned to gloomy, and from her mouth a mutter was come out, she said, My heart says that it is hard to live alone.

The Picture is dinner at Taro this week,***read more***
posted by IBF at 00:00| Comment(0) | 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

強風と大雨 〜Paula Chen

昨日の大船渡は台風並みの強風と大雨
今日は雨が吹雪にかわり、寒い中大工の仕事とみなし仮設のお米配布

大荒な一日でしたが、新しいみなし仮設の方で出会うことが出来た
陸前高田のNさん一家。職を失ったお父さんと中2と小4のこどものいる家族です。主イエスの忘れない愛、心の叫びを答える愛を覚える一日でした

出会うことの中で、神さま自身が現れること。。。

わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。
人々をそれを見て、あなたがたがわたしの弟子であることを分かるのです。
posted by IBF at 00:00| Comment(0) | 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

*もう一つの世界* *Another world*  〜Paula Chen

**もう一つの言語**

聾者のお友達から知った。。。

今週の大船渡に、ちょっと特別なお友達がお手伝いに来た。
聾者のお友達

初めて、日本で聾者のお友達と出会ったのは、
千葉の教会で奉仕したときのある若者のご近所の若者だった。
手話が分からなくって、筆談ばかりだった。***続きを読む***

*Another language**

I learned it from a friend.of deaf.
A pretty special friend came to assist in Ofunato this week.
A friend of deaf

It was first time in Japan to see the deaf youth who was neighbor when serving in a church of Chiba.
Without knowing the sign language, I did nothing but communication by writing.
After a while, another deaf youth came to the church, it was fresh in mind for the first time learning the word of "applause" by sign language.***read more***
posted by IBF at 00:00| Comment(0) | 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

もうすぐ半年 〜Paula Chen

大船渡に来て、もうすぐ半年を迎える中、最初仮設廻りやみなし仮設廻りの生活から、少しずつ地元の知り合いや生活の余裕ができました。5時過ぎるとスーパーで近く住むみなし仮設の方と出会える。昼食のお弁当を買う途中、診療所から出て来た清水仮設のお母さんが見えた。盛駅で、ボランティアチームと待ち合わせるときに、図書館に行く途中のみなし仮設の方と会ったりもします。大工仕事は最初の一軒、二軒の依頼から、二十軒ぐらいに増えて、思いもよらなかった繁盛です。少しながらけど、大船渡の皆さんがクリスチャンと会ったりすることは多くなっていると思うと、なんか嬉しくなります。

540658_3239365875474_517072112_n.jpg

Since I came to Ofunato, almost a half year passed. While visiting the temporary housing and the deemed temporary housing, I could have many of the acquaintances of locals gradually, and accordingly my life was getting better off. After 5pm at the supermarket, I meet with people of the deemed temporary housing sometimes. A mother of the temporary housing in Shimizu was seen coming out of the clinic when I was on the way to buy my box lunch. Also when I was waiting for a volunteer team coming, I might meet with people of temporary housing going on the way to the library. At first requests of carpenter were one or two, but now increased about twenty so it became unexpected good job. Although now it is with a few, it will become my glad somehow that people of Ofunato will meet with Christian more often.
posted by IBF at 00:00| Comment(0) | 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早くも一年 〜Paula Chen

3.11の迎えて、早くも一年が経ちました。“被災”は広い意味でとらえることについて、考えさせられた一年でした。仮設の方のみならず、被災地に住む一人一人は、コミュニティーの一員として、被災しているように理解することになった!!!同じく心を痛み、将来を悩み、不安と重荷を感じています。その声に傾ける主の計画に携わることで、少しずつ見えて来た“被災”の範囲というもん。。。実に広かった、実に深かった。。。それを知っている主がいる。それを癒そうとしている主がいる。証しを通して、賛美を通して、愛の主の臨在が、その傷口の癒すとなった。仕えつつけよう、語り続けよう、癒し続けよう。主が成しとけてくださる。

Already one year has passed from the day of 3.11.2011, which made me think about being a victim of the disaster in a broad sense.
Not only person who are living in temporary housing, each person in the affected areas began to accept that they are suffering as a member of the community, and they mourn in their hearts, worry about the future, having heavy burden and uneasiness.
The range of suffering of the calamity which has become visible little by little by working with voice of the Lord who gives ear to them was wide and very deep, and that the Lord knows it to heal them.
Through testimony, through worship, presence of the Lord of love gave healing to their wound.
Never cease to keep serving for them, keep sending words, and keep giving healing to them.
The Lord will do it for us.
posted by IBF at 00:00| Comment(0) | 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

永田道生

"I am carrying on a great project and cannot go down.”

今までの写真をふと振り返りながら、そこで出会った方の事や語り合った話、覚えた方言など、沢山の出来事を思い返す中で、この働きは、神様の確かな御手の中にあった事を覚える事ができた。 

この興奮は計り知れない! そして思いはやがて、喜びへと変わり、自然と賛美が溢れだす。 只単なる「奇跡的な事が起こった」という様なことだけではなく、実際の人々を通して、人生に変革をもたらしている姿を見るとき、神様が聖書を通して私たちに語り続けている「わたしはあなたを愛している、わたしは決して見捨てない」という永久不変のメッセージが明瞭かつ鮮烈に心に響いてくる。***続きを読む***

392534_10150595836397470_1020497465_n.jpg

"I am carrying on a great project and cannot go down.”

Many past things were recalled, when I was looking back upon old pictures. Therefore I could understand that those works like what we were talking about and the dialect that I had learned were done in the hand of God. This excitement is immeasurable! Eventually, my heart will be turned into joy, and my praise will be flowing naturally. It is not just what a miraculous thing happened, but I could see them changing in their life revolutionary.

God has been whispering to us through the Bible without ceasing. "I love you, I will never forsake you." This eternal and unchangeable message sounding in my heart clearly and vividly.
***read more***
posted by IBF at 00:41| Comment(0) | 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

キッズプラン Kids Plan 〜Paula Chen

キッズプラン。。。繋ぐめぐみ in 大船渡

今週の大船渡はスペシャルプランがあった
OMFの宣教師ジェント先生から第二弾のキッズプラン
保育園・幼稚園へ贈り物を届けに行こうプランです。
園の先生たちへの手作りモンスタークッキー、
子どもには3冊の絵本が園ごとに届いた。***続きを読む***

Kids Plan Networking in Grace in Ofunato

We had a special plan in Ofunato this week.
Second Kids Plan was planned by OMF missionary Ghent, which is the plan to bring the present to nursery school and kindergarten.
Homemade monsters cookies for the teachers of children.
Three picture books to children have been sent for each school and garden.***read more***
posted by IBF at 00:52| Comment(0) | 現地レポート/Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。